TOP ページ > 受診される方へ > 循環器内科

外来担当表

午前 外来診察 外来診察 外来診察 外来診察 外来診察 外来診察
午後 外来診察 外来診察 外来診察 外来診察 外来診察 外来診察

外来診察担当医は学会出張などにより不在・変更が生じることがあります。
 当日の担当医につきましてはクリニック受付までお気軽にお問い合わせ下さい。


循環器内科 医師プロフィール

 厚地 良彦 医師

・天陽会中央病院 理事長
・鹿児島大学医学部臨床教授
・日本内科学会 認定内科医
・日本循環器学会 認定循環器専門医
・日本医師会 認定産業医
・身体障害者福祉法第15条1項の規定の指定医師
 (心機能障害、腎機 能障害)
・鹿児島県介護支援専門員
・日本禁煙学会 専門医
・東京女子医科大学医学博士

昭和42年 鹿児島大学医学部卒業
昭和42年 Educational Council for
      Foreign Medical Graduate
      (ECFMG)取得
昭和43年 立川米軍病院でのインターン終了
昭和43年 鹿児島大学医学部第一内科入局
昭和44年 New York Polyclinic Medical
      School & Hospital
昭和45年 New York Brooklyn Veterans
      Administration Hospital
昭和47年 東京女子医科大学付属 日本心臓
      血圧研究所入局 循環器病の研究
昭和52年 天陽会中央病院
 厚地 伸彦 医師

・天陽会中央病院 院長
・日本内科学会 認定内科医
・日本循環器学会 認定循環器専門医
・日本心血管インターベンション治療学会 認定医
・日本透析医学会
・日本集中治療医学会
・日本救急医学会
・日本超音波医学会
・九州大学医学部医学博士
・航空身体検査指定医

平成 6年  九州大学医学部卒業
同年 6月  麻生飯塚病院
平成 8年  九州大学医学部循環器科
平成11年 東京女子医科大学循環器科
平成13年 済生会熊本病院
平成19年 鹿児島大学医学部第一内科
平成20年 天陽会中央病院
 高岡 順一郎 医師

・天陽会中央病院 循環器科部長
・天陽会中央病院 心臓カテーテル室主任
・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心血管インターベンション治療学会 指導医
・日本心エコー図学会
・日本心臓リハビリテーション学会

昭和62年 鹿児島大学医学部卒業
昭和62年 埼玉羽生病院研修
平成 元年 医療法人徳州会鹿児島徳州会病院
平成19年 天陽会中央病院
 宮村 明宏 医師

・天陽会中央病院ICU.CCU室長
・日本内科学会 認定内科医
・日本循環器学会 認定循環器専門医
・日本心血管インターベンション治療学会

平成 元年 鹿児島大学医学部卒業
平成12年 天陽会中央病院
 吉永 順子 医師

・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心臓病学会
・日本核医学学会
・日本心臓核医学学会
・日本心エコー図学会

【専門】
心臓核医学

昭和63年 宮崎医科大学卒
昭和63年 宮崎医科大学付属病院第一内科
平成 2年  国立療養所宮崎病院内科
平成 4年  宮崎医科大学付属病院第一内科
平成 6年  宮崎循環器病院
平成15年 伊敷病院
平成16年 天陽会中央病院
 二宮 登志子 医師

・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本心血管インターベンション治療学会

平成18年 長崎大学卒
 有馬 良一 医師

・日本内科学会 認定内科医
・日本循環器学会 循環器専門医
・日本心臓病学会
・日本心血管インターベンション治療学会 認定医

平成11年 鹿児島大学医学部卒
平成13年 鹿児島市医師会病院循環器科
平成15年 宮崎市郡医師会病院循環器科
平成16年 藤元早鈴病院循環器科
平成18年 鹿屋医療センター内科・循環器科
平成20年 鹿児島市立病院循環器科
平成24年 鹿児島市医師会病院循環器科
平成26年 天陽会中央病院
 加治屋 崇 医師

・アメリカ心臓病学会 特別正会員(FACC)
・ヨーロッパ心臓病学会 特別正会員(FESC)
・アジア太平洋心血管インターベンション学会
 特別正会員(FAPSIC)
・日本循環器学会 循環器専門医
・日本内科学会 総合内科専門医
・日本心血管インターベンション治療学会 専門医

平成 9年  マイアミ大学医学部(米国)交換留学
平成13年 鹿児島大学医学部卒
平成13年 鹿児島大学第一内科
      (現:心臓血管・高血圧内科学)
平成19年 鹿児島市立病院循環器科
平成21年 カルフォルニア大学サンフランシスコ校
      (米国)
平成23年 シンガポール国立大学ハートセンター
      (シンガポール)
平成25年 鹿児島市立病院循環器科
平成26年 天陽会中央病院
 井上 尊文 医師

・日本内科学会 認定内科医
・日本循環器学会 認定循環器専門医
・日本救急医学会専門医

平成15年 福岡大学医学部卒業
平成15年 福岡大学病院救命救急センター
平成20年 日本大学板橋病院循環器内科
平成21年 日本大学練馬光が丘病院内科ローテーション
平成22年 日本大学板橋病院CCU
平成23年 日本大学練馬光が丘病院循環器内科
平成24年 横浜中央病院
平成25年 横浜中央病院循環器内科兼救急科医長
平成28年 天陽会中央病院
 下野 洋和 医師

・日本内科学会 認定内科医
・日本循環器学会 循環器専門医
・日本心臓病学会
・日本心血管インターベンション治癒学会

平成20年 鹿児島大学医学部卒
平成22年 鹿児島市医師会病院循環器科
平成25年 出水郡医師会広域医療センター循環器科
平成27年 川内市医師会立市民病院循環器科
平成29年 天陽会中央病院
 山口 浩士 医師(非常勤)

・日本循環器学会 認定循環器専門医
・日本心血管インターベンション 治療学会評議員
 指導医
・日本内科学会 認定内科医
・日本心臓病学会
・米国心臓病学会 正会員(FACC)

昭和54年 熊本大学医学部卒業
昭和57年 小倉記念病院循環器科へ 国内留学
昭和60年 鹿児島大学医学部 第一内科入局
平成 7年  社団法人南風病院 循環器科部長として勤務
平成15年 米国スタンフォード大学 病院心血管 インターベーション部門に留学
平成16年 帰国、南風病院循環器科部長として勤務
平成18年 天陽会中央病院

担当医師(詳細は、下記画像をクリックして下さい)


循環器内科のご案内

近年、虚血性心疾患の増加に伴い当院における診断検査治療も増加の一途をたどっています。昨年度は、心臓カテーテル総件数1,400例以上、うち経皮的冠動脈形成術400例以上となっており、今年度より新しくハートセンターを建設し、カテ室を2室とし虚血性心疾患に対する診断治療の質的、量的向上をめざす予定です。

また、それに伴い、重症の患者数も増加しており、大動脈内バルーンパンピングおよび経皮的心肺補助装置(PCPS)などの症例も年々増加する傾向にあります。

平成20年度には心エコーセンターを設立し、心臓の機能評価としての心エコーの充実も図っており、ViVid7、ViVid i を新に追加購入し、外来のみならず、ICUにおいても非侵襲的心機能評価を十分に行える体制作りを行ってきています。

心臓全般にわたる診断、および治療の向上をめざしドクターの技術向上、パラメディカルの教育等にも積極的に取り組み、地域における当病院の地域医療にさらに貢献できるよう日々精進していくつもりです。

心臓カテーテル室ページへ


2015年循環器内科における治療実績(2015/1/1~2015/12/31)

心臓カテーテル検査 内訳

カテーテル検査及び治療 総数 1,768件
心臓カテーテル検査 1,185件
経皮的冠動脈血管形成術(PCI) 433件
末梢動脈血管形成術(PTA)下肢 104件
           透析シャント 31件
 下大静脈(IVC)フィルター留置 15件
ペースメーカー 総数 86件
新規 47件
交換 7件
一時ペーシング 32件

ステント治療の内訳

従来の金属ステント(BMS)(部位) 10件(2%)
薬剤溶出ステント(DES) (部位) 457件(98%)
バルーンのみの拡張(POBA)(人) 46件
DEB(薬剤バルーン)(部位) 30件

治療成績

急性心筋梗塞 83件 手技成功率 100%
不安定狭心症 82件 手技成功率 97.6%
非閉塞病変 435病変 手技成功率 99.1%
慢性閉塞病変 22病変 手技成功率 77.3%

診療時間

  • 午前 8:30 ~ 12:30
  • 午後 14:00 ~ 17:30
  • 時間外診療について
      17:30以降は、救急外来での
      受け付けとなります
  • (診療科により受付時間が異なる場合があります)
  • ※救急は24時間365日受け付けております

休診日 心臓病治療の天陽会中央病院

  • 日曜・祝日